オーストラリア移住 投資家ビザ 投資結果

2020年12月にオーストラリアへ移住し、早いもので1年半が経ちました。

今回初めて丸一年の会計年度をこの2022年6月末で迎えますので初めての通年投資結果を書き留めておきたいと思います。

まず投資のカテゴリは下記の通りでした。ただ、投資と言っても大したことはしていません。

・クイーンズランド州債
・以前出資した前職関連の豪法人からの配当
・銀行からの利息収入

まずクイーンズランド州の債券は利率があまりよくありませんが、永住ビザ切替のために4年間の保持が必須のため持っています。

利息は0.96%と低いのですが、投資額が150万豪ドル(約1億4千万円)と比較的大きいので年間で14500豪ドル(日本円で約140万円弱)が入りました。

次に前職でこちらに現地法人を設立し、その際に半分出資(50万円)していたのですが、現在ではこの会社から年間65000豪ドル(約610万円)が配当として入ります。

その他に銀行からの利息収入が年間20000豪ドル(約180万円)程となりました。

州債 14500豪ドル
配当 66000豪ドル
利息 20000豪ドル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
合計 100500豪ドル(約930万円)

以上が現金として入ってきました。

これを一人で取ってしまうと税率が高くなるため、会社からの配当はトラスト(信託口座)に入金してもらい、妻と自分とで大体収入が半々になるようにすることで妻は最低税率、自分は最低税率から数えて2番目の税率の適用が出来るため、税率は非常に低く抑えられています。

税額はAustralian Taxiation Office(ATO)が提供している税額計算サイトでは妻が5000豪ドルほど、自分が豪7700ドル程になりますので税率は約13%程になります。担当税理士曰く控除があるのでこれよりは安くなると聞いていますので実質の税率は10%程度になるのではないかと思います。

税引き後で800万円ほどの可処分所得が得られたので非常に満足をしています。

最近のインフレでオーストラリアも漏れなく政策金利が2022年の末までに2.5%まで引き上げられると予想が出ていて、2023年は更に上がるとの観測が出ているため、来年の決算では配当利息収入が日本円で1000万円は超えるのではないかと見ています。

この物価の非常に高いオーストラリアですが、突発的な支出を除く月の生活費が家族3人で5000豪ドル程度(持ち家)ですので年に一回日本に帰ったり海外旅行に出かけたりして20000豪ドルほど支出したとしてもプラスマイナスゼロで生活出来ていることを考えると、当初想定していたよりも非常に快適な経済環境で生活が出来ています。

ある程度まとまった資金があり、一定の事業経歴をお持ちの方でしたら若いうちに移住し、相続税がないこの国で将来の税務のプランニングをゆっくりしながらお子さんがいれば英語環境で質の高い教育を受けさせ豊かな自然環境の中、セカンドライフを過ごすには最高だと思います。

どこかの誰かのお役に立てれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

トップへ戻る