起業セミナーは受ける必要があるか

最近よくインターネットで起業のセミナーをやっていたりYoutubeで起業に関するセミナーをやっているのをよく見かけます。
おそらくこれらのセミナーの広告を見て、「自分も受けた方がいいんだろうか」と思っている方は多いのではないかと思います。
今回はそんな疑問にお答えしたいと思います。

まず結論から行ってしまいますと答えは「ノー」だと思います。

なぜなら起業のセミナーの内容では起業の思考手順というタイトルで別の記事にも書きましたが、起業するにあたって一番本質的に考えなければいけない部分については教えてくれることはなく、またこれが儲かるといった具体的な内容を教えてくれる訳ではありません。

「何をどのように売って儲けるか」という本質的な部分がシッカリと考えられていれば、一般的に起業セミナーで話されている様な、「どうやって会社は設立するか」「ブランディングはどうするか」など実際に事業が動き出してからでも全く遅くない部分を考える労力を最初の大切な部分に向けられるからです。

ここでも再度お伝えしたいのが、会社をどうやって設立するとか名刺はどうやって作るとか、そいういったことは全く重要ではなく、「何をどうやって売ってどのくらい儲かるか」をひたすら考え続けることが起業では最も重要です。

ここが出来ていないと「趣味の起業」になってしまい、サラリーマンを脱却したい、社畜にはもううんざりで自由になりたいといった本来の目標には到達できなくなってしまいます。

「起業のセミナーは受ける必要がない」と冒頭で言いましたが、ビジネスを始めるにあたって具体的な手順を示してくれているものは別です。
これは多少お金を払っても受ける価値はあるでしょう。

実は私も現役時代にオンラインセミナーをやっていました。
ただ、本当に役に立つものにしたいと始めたセミナーでしたが、遠方の方からセミナーの会場に行くことが難しいからオンラインでやって欲しいというお声を多くいただいたため、実際のセミナーを録画してテキストと一緒に提供を始めました。

当時は全6時間程の動画とテキストで50000円ほどで販売していましたが、現在は月額980円のサブスクリプションという価格でご提供しています。

この講習では何を話しているかというと、日本ではオーガニックやナチュラルなスキンケアを自分で作って販売したいなどのビジネスアイデアを持っていたとしてもなかなか実現するのにハードルが高く、スキンケアを作ろうとした場合、化粧品のOEMメーカーなどに作ってもらう訳なのですが、依頼側の知識があまりに不足をしていてメーカーから話すらも聞いてもらえないということを当時社長だった頃、大変多くのお客様から愚痴として聞きました。

そのことを受けて、自分たちも化粧品OEMメーカーという立場だったので自分たちの経験を活かして

「化粧品のメーカーと対等に話し合える様にするための知識をお客様に提供したらどうだろうか」

という考えに至りました。

そしてこのオンライン講習を受けてくださった方からナチュラルスキンケアを自ら企画してメーカーに作ってもらってそれを別のお客様に卸したり、自分が小売をしたりという形でほとんど初期投資をせずにビジネスを始める方が徐々に増えてきたのです。そしてその方々は自分で自分の強みを考え、自分独自のビジネススタイルを確立されていったのです。
これほど嬉しいことはありません。

そして現在私はオーストラリアに移住し、ナチュラルスキンケアやハウスホールド製品の製造卸ということをこちらでしています。

オーガニック先進国のメイドインオーストラリアのスキンケアを製造して販売するということを日本語で全て完結できるため、皆様にお喜びいただいています。
コロナ禍で新しい柱を作りたいという方や新しくインターネットを使ってビジネスをしたいという方々にご活用頂ければ嬉しく思います。

もし上記の月980円の講習や製造卸などをご希望でしたらコンタクトフォームにてお気軽にお知らせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

トップへ戻る